ビーグルは中途半端?

何が中途半端かというと・・・体のサイズです
ビーグルは中型犬です。中型=中途半端というわけではありませんが、流行が小型犬と大型犬の二極化傾向にあるため谷間的存在。
中型犬には根強い人気の犬種が多くいますが、今は少数派です。
そのビーグルにもサイズがあり、夏子さんは大きくも小さくもないサイズ(体高35㎝)で、これまた中途半端です。

スポンサーリンク

理想の体格(個人的見解)


しっかり抱ける大きさ-あの抱き心地と温もり、臭いは最高の精神安定剤。
少々体がぶつかり合っても平気な体格-お互いムキになるほどの取っ組み合いは最高のストレス発散。
軽自動車に収まる大きさ-本当は大きいわんこと暮らしたいが、生活スタイルからすると無理。
以上の条件に当てはめると、夏子さんの大きさが理想的なサイズ。
しかし
問題は、夏子さんの体格にピッタリ合うものが少ないこと。常にMかLで悩まなければならない。

例えば洋服
寒さに弱い夏子さんのために服を探すのですが、首周りと、胴回り及び着丈のバランスが合いません。
要は首周りが太すぎるようです。仕方なく、腹巻で対処。
しばらく探してようやく見つけたのが、このニットセーター。夏子さんのためにオーダーしたかのようにピッタリサイズ。
ただ種類は選べない、たまたま夏子さんの毛色によく似合うボーダー柄でした。アポロチョコを連想させます。

セールで見つけたボーダーシャツ

クレートやトイレ
Lではさすがに大きすぎるが、Mではやや小さい。
Mで我慢してもらいましたが、そのせいか時々トイレに失敗する。

ハーネス
基本的にはMでギリOKなのですが、ちょっと肥えたり服を着るとOUT。
結局Lを買ったものの、やはり大きすぎて後にMも購入。

 とにかく、どっちでもあり、どっちでもない中途半端な大きさ。

ラブラドールの子供に間違えられた!


去年8月に動物病院の待合室で、ある年配のご婦人に「ラブラドールの子供ですか?」と聞かれました。
「いいえ、14歳のビーグルです」と答えると、驚いておられました。確かにサイズ的にはラブちゃんの子供です。しかも、年を取って茶色が薄くなり全体的に白く見えるのでビーグルだと気付く人の方が少ないかもしれません。
ビーグル夏子さんが、ラブ夏ちゃんとしてまた新たな犬生を送れるならどんなに良いものかと、ふと思いました。

正直、長生きしてくれるなら犬種や体の大きさなどどうでもよいのです。
夏子さんは、完全に寿命を全うしたとは言えないかもしれませんが、最期の一瞬まで生きようと闘った姿に中途半端なところは全くありませんでした。
夏子さんとのお別れは⇒


 

スポンサーリンク