ココだけの魅力ー大井川鐵道、南アルプスあぷとライン

南アルプスの表玄関、奥大井エリアを走る大井川鐵道・井川線。
その愛称が、南アルプスあぷとライン。
大井川鐵道と言えば、本線のSLで有名ですが、井川線にも本線に負けない魅力があります。

スポンサーリンク

魅力その1・変化に富んだ景色


井川線の出発駅は海抜298mの千頭駅

駅側を流れる大井川の様子は、

こんな感じ、「なっちゃん、遠くに行ったらあかんよ!」

千頭駅を出発し、しばらくすると川や山の景色は、

25キロ先の終着駅、井川駅は海抜686m、景色は大きく変わっています。

この景色を車窓から眺めるだけでも、多くの方にとっては非日常体験となるのでは。
途中の秘境駅で降りてみるのも、井川線の楽しみ方の一つ。

魅力その2・大自然の中の構造物


「よくこんな山奥に造ったな」と感心する数々の構造物を目にします。
自然と調和しているものもあれば、“古代の遺跡”のような違和感を感じる構造物もあります。

高さ日本一の鉄道橋 関の沢橋梁

尾盛駅と閑蔵駅の間にある、関の沢橋梁(高さ70.8m 長さ114m)
列車は景色を楽しめるよう停車します。


川を挟んで画面左が静岡市葵区、右が川根本町。
更に下を覗き込むと、

残念ながら写真では伝わらない日本一の高度感覚、是非ご自身で体感を!

ダム湖にかかる美しい鉄道橋 レインボーブリッジ

奥大井湖上駅を中心に2つの橋梁からなる湖上橋、レインボーブリッジ(長さ474m)

この橋梁を渡った先が、奥大井湖上駅。列車からは全体を見渡せないのが残念。
大井川鐵道は、恋がかなう駅“奥大井恋錠駅”としてアピールしています。
恋人同士で是非どうぞ!

奥大井湖上駅やあぷと誕生のきっかけとなった長島ダム

国土交通省が管理する、2002年完成の長島ダム
重力式コンクリートダムで、堤高109m 提頂長308m。

ダム建設により水没することになった井川線・川根市代駅~川根長島駅間は、新しいルートに付け替えられました。結果として生まれたのが、レインボーブリッジ+奥大井湖上駅。
更に、新ルートに発生した急勾配区間に「あぷと」が誕生したのです(詳しくはこの後)
井川線から見る長島ダムは迫力十分、ダムマニアでなくてもかなり興奮します。
しかし、もっと気になるダムが井川線終点の井川駅にあるのです。

日本初の中空重力式コンクリートダム 井川ダム

中部電力が管理する、1957年完成の井川ダム
日本初の中空重力式コンクリートダムで、堤高103.6m 提頂長243m。
長島ダムとの違いは、建設当時に高価であったセメントを節約するため、ダム内部の約3割が空洞になっていること。
当然、外側から空洞のあるなしは分りませんが、想像しながらご覧ください。

井川湖は長島ダムの接岨湖より規模が大きいので迫力があります。
井川駅から少し歩くと井川展示館があり、井川湖を一望できます。

観光用チラシより

スポンサーリンク

魅力その3・あぷと式と90.0パーミルの急勾配


“あぷと”とは、1990年に誕生したアプト式鉄道のこと。
日本唯一、ココにしかない特別な鉄道です
長島ダム建設による路線付け替えで生じた、90.0パーミルの急勾配を走らせるために採用されました。
90.0パーミル(‰)とは、1,000m進むと90m上る勾配のこと。

アプト式の特徴は、線路の真ん中に、ラックレールと呼ばれる歯型の付いたレールが敷かれていること。

ラックレールのある鉄道を「ラック式鉄道」と呼び、この形状のラックレールを「アプト式」と言います。
つまり、ラック式アプト式鉄道・・・、ややこしい。
ここを走る機関車は、井川線特注のED90形(日立製作所水戸工場で製造)

この機関車の特徴は、前から見るととてもスリムなことと、車輪の間に大きな歯車が付いていること。
この歯車とラックレールの歯形とがガッチリ噛みあうことで、急勾配を力強く走行します。

この機関車は、ここまで走ってきた列車の最後尾に連結(見学可能)され、長島ダム駅まで後ろから押し上げてくれます。

この時の乗車感覚は独特、テンションMAX!(個人差はありますが)
職業柄、急勾配には慣れていますが、鉄道に乗りながらの斜め感と、ギアが噛み合ってダイレクトに上っていく感覚が新鮮でした。

超~超~控えめな絶叫マシン!?

帰り(下り)は、先頭に2両のED90形が連結されました。

急勾配を下るわけですが、アプトで制動をかけながら安全に下っていきます。

アプト式で90.0パーミルを体験した後は、長島ダムまで足を運んで、

90.0パーミルの急勾配を目に焼き付けてください。

井川線の楽しみ方



(駅員さん手作りしおり)

登山(山岳)鉄道の宿命と言うべきか、災害等による運転見合わせや区間運休は避けられません。
井川線も今年3月に、長く続いた運休区間(接岨峡温泉駅-井川駅間)が復旧し、全区間開通となりました。訪れるには、良い時期ではないかと。
電車で行かれる方は、エリア(大井川・井川)に応じたフリーきっぷがあるので、そちらを利用されるとお得です。
最新の情報は、大井川鐵道ホームページで確認できます。

車中泊の方は、とりあえず千頭駅まで行かれることをお勧め。
千頭駅駐車場をベースに、本線、井川線のいずれも楽しめます。
キャンプ場派の方は、こちらをご参考に奥大井キャンプ場ガイド
長島ダムへ行ったついでに、接岨峡温泉に立ち寄ることもできますし、千頭からであれば、30分ほど山の中を走ると寸又峡温泉があります。

観光用チラシより

自分が行ったのは5月と7月でしたが、秋の紅葉も美しいと聞きますので機会があればどうぞ!

「さあ、なっちゃん帰ろうか。」

(2010年5月撮影)

関連記事
ココだけの魅力-大井川鐵道、大井川本線➀⇒こちら


 

スポンサーリンク