たかがチェンソーと侮ることなかれ⑱ートグワ(焚火編その1)

「山火事を起こしたら年長者のワシが謝りにいかなあかんねん」
(謝って済む問題かどうかは別にして・・・)
森さんの師匠・無敵の超林業人でも、乾燥時期の焚火にはビビりまくり!
火をたくごとに「ワシが・・・」と繰り返されると、おのずと森さんの火の扱いも慎重になります。
新人たちに火の怖さを印象付ける戦法です!(^^)!
時がたち師匠も引退、やがて班長となった森さん。
焚火のたびに「山火事を起こしたらわたしが謝りにいかなあかんねん」
“たかがチェンソーと侮ることなかれ⑱ートグワ(焚火編その1)” の続きを読む

スポンサーリンク

たかが工具と侮ることなかれ⑥ーマルチプライヤーその3

何でもこなすマルチプレイヤーまたはオールラウンダーになるのか。
それともポジションを決め、そこでのエキスパートを目指すのか。
新人桧山さんは、どっちの道に進むのでしょう・・・。
その前に、とりあえず彼女のマイ・マルチプライヤーを選ぶことにいたしましょう。
自分で何か見つけてきたようで・・・、
“たかが工具と侮ることなかれ⑥ーマルチプライヤーその3” の続きを読む

スポンサーリンク

たかが工具と侮ることなかれ⑤ーマルチプライヤーその2

森さんと林さんのマルチプライヤーは、グリップが扇のように展開して中からプライヤーヘッドが現れるという仕組み。
一方「これではつまらん!」と思ったかどうかはわかりませんが・・・、
革新的な展開構造を備えたマルチプライヤーが次々と登場!
杉山さんが愛用する「ガーバー」もその一つです。
“たかが工具と侮ることなかれ⑤ーマルチプライヤーその2” の続きを読む

スポンサーリンク

たかが工具と侮ることなかれ④ーマルチプライヤーその1

林業現場で働くチーム森のみなさん、それぞれ自分に合ったマルチプライヤーを愛用しています。
今日は新人桧山さんのマイ・マルチプライヤーをチョイスするようです。
桧山さんが森さん林さんのような“マルチプレイヤー”になるために必要なマルチプライヤー・・・、
ややこしい(>_<)
“たかが工具と侮ることなかれ④ーマルチプライヤーその1” の続きを読む

かかり木処理②ー引き

「推進運転(押し)」で終点「井川」まで上ってきた大井川鉄道・井川線のトロッコ列車。
「千頭」に下りていく際は、その編成のまま「牽引運転(引き)」で運行されます。
(こういう運転方式をプッシュプル運転と言うらしい)
急こう配を制限速度で走行するため、機関車はいくつものブレーキを駆使して安全に客車を「引き?」ます。
“かかり木処理②ー引き” の続きを読む

かかり木処理①ー押し

鉄道機関車が客車を押したり引いたりしながら安全運行。
林業桧山さんたちがかかり木を押したり引いたりしながら安全処理。
鉄道と林業の“押し/引き”を無理やり結び付けた、こじつけ話です・・・。
“かかり木処理①ー押し” の続きを読む

たかがチェンソーと侮ることなかれ⑭ー油圧ジャッキと電動クサビ

皆伐地の植林にやってきたチーム森のみなさん。
周りを見渡すと大きな切り株(100年生前後でしょうか)があちらこちらに。
すると森さん「斜面を上るとき切り株の上面に手をかけないように!」とひーちゃんに注意。
下からは見えないその場所には・・・、
おサルさんの“う〇ち”があるらしい。
下刈り時期になると、マムシが日向ぼっこしているらしい。
改めて切り株をまじまじと見つめるひーちゃん。
すると・・・、あることに気が付いた!
「これなんですか?」
“たかがチェンソーと侮ることなかれ⑭ー油圧ジャッキと電動クサビ” の続きを読む

たかがチェンソーと侮ることなかれ⑬ークサビ

VS.クサビなんて書くと、クサビが悪者のような印象を与えてしまいますが、それは違います!
日々、桧山さんたちに“ガンガン”たたかれても・・・、
チェンソーに恩を仇で返すようなまねをされても・・・、
文句を言うことなくお仕事してくれます。
彼らがいないと、安全かつ正確な伐倒作業を行うことはできません!
ただ、たたかれるクサビも気の毒ですが・・・、
たたく側も、これまた結構な体力仕事でして(>_<)
“たかがチェンソーと侮ることなかれ⑬ークサビ” の続きを読む

高性能林業機械ーIHI・F801フォワーダその2

午後の作業を終え戻ってきた桧山さん。
本日は集材の荷掛けを担当、ヘトヘトのご様子。
それを見ていた森さんと林さん。
「ひーちゃんには気の毒だけど・・・、早い方がいいよね」
「今後のことを考えると・・・、仕方ないよ」
何やら神妙な面持ちで桧山さんのことを話し合うお二人。
もしかして・・・、ひーちゃんお払い箱!?
“高性能林業機械ーIHI・F801フォワーダその2” の続きを読む

高性能林業機械ー IHI・F801フォワーダ その1

スリーターのパイオニア「ホンダ・ストリーム」が、くねくねしながらカーブを曲がる様子を見た桧山さん。
「うちのフォワーダと一緒じゃん」(前回のお話)
フォワーダというのは林業で木材を運搬するための機械です。
ただ、桧山さんの言うくねくねフォワーダは欧州型「IHI・F801」のこと。
それ以外の国産型フォワーダは、くねくねダンスではなくツイストダンスします。
(例えが昭和過ぎて分からない)
“高性能林業機械ー IHI・F801フォワーダ その1” の続きを読む